他人の幸せを喜べないのは精神が嫉妬心に占領されているということ

他人の幸せを喜べないのは精神が嫉妬心に占領されているのかもしれません。

そうではないかもしれないし、そうかもしれない。別に他人の幸せなどは無理に喜ぶ必要もないのですが、やはり大切な人の幸せは喜びたいもの。

他人の幸せを喜べないのは、今の自分自身の人生が幸せではないからと現時点の状態がいっぱいいっぱいということ。

だからこそ、他人の幸せを心から喜べる人は今の人生が充実していることにも繋がります。

スポンサーリンク

他人の幸せを喜べない人は他人の幸せを参考にする

他人の幸せを喜べない人は他人の幸せを嫉妬する前に、他人の幸せを参考にしましょう。

そうすることによって他人の幸せを素直に喜んでは、自分自身も幸せになれる可能性が出てきます。

なんだかんだ言っても人生というのは長いようで短いもの。短いようで長いものです。感じ方は人それぞれということですが、どうせなら幸せな人生を送りたいですよね。

そのためにも他人の幸せを嫉妬するだけの時間に使わずに、参考にしては自分自身が幸せになれる人間になっていきましょう。

他人の幸せを嫉妬しても何も生まれない

極論を申しますと他人の幸せを嫉妬しても何も生まれません。

生れないどころか失うことが圧倒的に多いということ。そのような人生は本当につまらないものですし、一体何のために生きているのかがわからなくなります。

そうならないためにも他人の幸せを嫉妬しても意味がないことを理解するべき。他人を蹴落としたり、誹謗中傷したりしても自分自身の人生は幸せにはなれませんからね。

自分自身の幸せとは何なのか。

まずはここから考えることが、何よりの幸せな人生を送れる秘訣です。

精神が嫉妬心に占領されたらするべきこと

それでも生きていれば他人の幸せな人生に嫉妬することもあるでしょう。

もちろん、私自身も精神が嫉妬心に占領される時もありますし、逆もまたしかり。それでも、今現在は幸せな人生を送れていますし、これからの人生も幸せに過ごしたいもの。

生きている途中で精神が嫉妬心に占領されたら、まずは深呼吸を5回程度してはゆっくりと目を閉じて横になりましょう。

何も考えないことがベストですが、嫉妬心に占領されたままの精神ではなかなか難しいのが現実。

それでも、完全なる嫉妬心に占領される前に落ち着く場所を無理矢理にでも求めていくことが大切ですね。

他人の幸せを喜べないのは精神が嫉妬心に占領されているということのまとめ

幸せになりたければ、他人の幸せを喜べる人間になりましょう。

確かに心の底から他人の幸せを喜べる人は少ないかもしれません。精神が弱っている時ほどそのような状態にはなれませんし、他人の幸せに嫉妬してしまうもの。

けれども、そこを何とか乗り越えることでまた新たな気づきを得られますし、成長もしていきます。

基本的に人生とはそのようなことの繰り返し。

だからこそ、まずは自分の人生がどのように過ごせば幸せになれるのかを真剣に考えていきましょう。

他人の人生を気にするのはそれからでも十分です。ましてや、他人の幸せに嫉妬する時間はありません。

今の人生で一体何がしたいのか。何をして生きていくのか。

難しいことですが、やはり常に考えることでしか人生は変わらないということです。

他人の幸せを心から喜べる人は幸せな人ということです!

あわせて読みたい!

今やるべきことをするためには他人の人生を気にしている場合ではない

今やるべきことをするためには他人の人生を気にしている場合ではない
人生において、今やるべきことをするためには他人の人生を気にしている場合ではないということ。 他人の人生を気にしている人は...

他人の成功を妬む人間が幸せになれない行動を永遠に繰り返さないためには?

他人の成功を妬む人間が幸せになれない行動を永遠に繰り返さないためには?
どこの世界にも他人の成功を妬む人間はいるもの。 成功できない人間は他人の努力や結果を妬んでは、幸せになれない行動を永遠に...

他人の幸せを喜べないのは精神が嫉妬心に占領されているということを最後まで読んで頂きありがとうございます。