Google AdSense(グーグルアドセンス)の単価とクリック率を格段に上げる方法

logo
スポンサーリンク

Google AdSenseで単価の高いジャンル

単価の高い広告になるとワンクリック当たり約17000円にもなるそうです。

これはキャッシングの広告になるのですがこの金額はすごいですよね。その他にも不動産関係やクレジットカード系の広告は平均すると何千円となるそうです。

そういう広告を表示さすためにはキャッシングならキャッシングについてのブログやサイトを作ればいいのですが、やはりそういうジャンルはライバルも多いので検索で上位表示させるのは難しいですね。

難しいからと言ってやらない理由にはなりませんが、人と同じようなキーワードで攻めてもあまり意味がないのでここは自分の頭で考えて上位表示させられるキーワードを見つけたいところです。

それができれば苦労はしませんがやはり単価の高い広告になればなるほどレベルも高くなっていくのは当然です。

内容もただキャッシングについてダラダラと書いているだけではグーグルは評価してくれません。グーグルが評価してくれなければ検索圏外になってしまうので上位表示どころか表示すらされないことにもなりかねません。

そのジャンルを書くのならば少なくともそのジャンルについての本は読んで知識をつけて書いていきたいものです。

クリック率を上げるには?

アドセンスで収益を発生させるためにはクリックしてもらわなければなりません。

もちろん自己クリックはご法度なのでコピーライティング技術などでクリック率を上げることが大切です。やってはいけないことの一つにここをクリックしてね!とか誘導することは禁止されています。

もしそれをしてしまうとアカウント停止になってしまうので気を付けましょう!

やはりアドセンスのクリック率を上げるにはライティング技術も大切ですが、一番大切なのは広告の内容と配置ですね。

ブログやサイトにマッチした広告を常に表示させる設定文章の流れでクリックされやすい配置をするなどの試行錯誤の繰り返しが収益を格段にアップさせます。できる限り誤クリックされやすい配置はやめておいた方が無難かもしれません。

最適な配置はどこがいいのか?

一般的にはパソコンなら右上や記事下が良いといわれています。

上に貼れば貼るほどクリック率は高くなるのですが記事が読まれないということにも繋がります。

記事が読まれないということはそのブログやサイトに価値があったとしても価値がないとグーグルは評価するので難しいところですね。

また広告がクリックされてもすぐに離脱されたり、契約に繋がらなかったりすると単価は徐々に下がります。文章の流れで自然に広告をクリックされて、クリックした方の成果報酬が出ることが一番の理想です。

今やパソコンよりもモバイル表示の方が多いのでスマートフォン向けに作られたブログやサイトを意識する方がいいのかもしれません。パソコンとモバイルは表示が全然違うので、アドセンス配置も変わってきます。

基本的にはタイトル下や記事下が良いと言われていますがやはりこれも自分で試して最適な配置を見つけていくしかありませんね。

何事もそうですが何度も試してやり続けていくしか成功の道はありません。

何が成功で何が失敗かは人それぞれの感じ方次第ですが、少なくともアドセンスで月何十万以上稼ぐことが目標ならば毎日記事を書いて常にどうすればもっと収益があがるのだろう?と意識して知識をつけて試行錯誤していくことが何よりの近道です。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ではまた。