友達がいない人の末路とは?長い人生において友達は1人くらいでちょうどいい件

永遠に友達がいない人の末路は寂しいものですが、それはそれでまた1つの人生。

長い人生において友達は1人くらいでちょうどいいということ。

別にいなければいないでそれは悪いことではありませんし、孤独を楽しむ方法はたくさんあります。

大切なことは自分の力で人生を楽しんでいくということ。確かに何かを共有できる友達は大切ですし、できる限り維持して付き合っていきたいもの。

無理に付き合う必要もありませんが、やはり気を使わない友達の存在はありがたいものです。

スポンサーリンク

友達がいない人の末路を悲観しないこと

学生時代は友達の多いことが1つのステータスみたいなものもありました。

今思えばくだらないことですが、友達が1人もいないと変人扱いされた人もいたことでしょう。

性格が悪くて友達がいないのであれば自業自得ですが、それ以外の理由なら別に友達がいなくても気にする必要はありません。

友達は無理をして作ることではありませんし、タイミングに合わせてやってきます。

確かにそのタイミングを気がつかずにスルーすることもありますが、本当に必要な出会いならば必ずどこかでまた出会いますからね。

友達が生涯1人だけでもいれば御の字

大人になればなるほど友達を作る機会は減っていきますが、今はSNSという便利なツールがあります。

SNS(ツイッターやフェイスブック等)を利用すれば世界中の人達と繋がれますし、趣味嗜好が合った人と出会えます。

性格が何となく合わなければそのままスルーもできますし、そこまで気難しく考える必要はありません。

出会いというのは本来このような感じでいいのではないでしょうか。

最初は仲が良くても時間が経つにつれてすれ違っていく。逆もまたしかり。だからこそ、様々な出会いを楽しみつつ、依存し合わない関係を持っていきたいものです。

友達は生涯1人いればそれで御の字なのですから。

長い人生において友達がいない時期もある

友達が常にいる人生は素晴らしいものですが、長い人生において友達がいない時期もあります。

友達がいない時期が長くても気にしないこと。

何に対して気にをするのかがわかりませんが、友達がいない時期は孤独を楽しむという絶好のタイミングです。

孤独を楽しむことができれば、長い人生を楽しむにおいてこれ以上のスキルはありませんからね。習って習得できるスキルではありませんし、こればっかりは経験と思考改革でしか習得できません。

長い人生において友達がいない時期もあると理解しては、友達がいない時期も自分なりに楽しむ方法を考えていきましょう。

友達がいない人の末路とは?長い人生において友達は1人くらいでちょうどいい件のまとめ

私自身はありがたいことに楽しい友達がいる人生を今現在は歩んでいます。

人生を振り返ると友達がいない時期もありました。

それでも今現在が楽しければそれはそれで1つの楽しい人生ということ。過去を振り返ることは大切ですが、振り返りすぎるとそれはそれでまたよくありません。

何ごともほどほどが大事ですし、友達の関係にもそれは同じようにいえること。

友達がいない末路をそこまで悲観することはありません。

友達がいようがいまいが人生が楽しければそれで充分ですからね。

友達は大切だけど、友達ばかりに依存する人生はまた違います!

あわせて読みたい!

友達がいない社会人におすすめしたい!楽しい休日の過ごし方とは?

友達がいない社会人におすすめしたい!楽しい休日の過ごし方とは?
学生時代には友達との付き合いも何かと多かったもの。 けれども、社会人になると友達がいない休日を過ごすのは当たり前になって...

中高年からでも遅くない!人生の楽しみ方とこれからの時代を生き残る方法

中高年からでも遅くない!人生の楽しみ方とこれからの時代を生き残る方法
人生の楽しみ方を考えるのに中高年(40~50代以降)からでも遅くはありません。 人それぞれの人生の楽しみ方にルールはありません...

友達がいない人の末路とは?長い人生において友達は1人くらいでちょうどいい件を最後まで読んで頂きありがとうございます。