やる気がない人をやる気にさせて動かすにはたった1つの対処法で大丈夫な話

どこの世界にもやる気がない人はいるもの。

やる気がない人をやる気にさせて動かすにはそれ相応のエネルギーを使いますが、たった1つの対処法でやる気スイッチは入ります。

もちろん、個人差はありますが何ごとも試してみることは大切なこと。

身の回りにやる気がない人がいれば、ぜひ参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

やる気がない人をやる気にさせて動かすには?

やる気がないというのは様々な原因で成り立つものですが、体調不良以外の原因ならばそれはただの甘え。

甘えることも時には必要ですが、人間やる時はやらなければなりません。

口だけで上から目線の人間はたくさんいるものですが、そういう人間が上司や上の立場なら誰もついてこないでしょう。

どこの会社にもそのようなダメ上司はいるものですが、できる上司ほど部下をやる気にさせるのは上手いものです。

結果よりも過程を褒める

やる気がない人の結果は散々なるものですが、そうなる前に過程をとことん褒めることが大切。

結果が全ての世界は多いものですが、やはりやる気がない人には過程をまず見てあげましょう。

そうすることによって、やる気がない人でもやる気にさせては動かせることができます。それでも人間ですので、やる気がとことんない人は何をしても無駄かもしれません。

そういう人間は所詮それまでの人間と思いたくなる気持ちもわかりますが、上司の仕事としては長い目で様子をみなければなりません。

やる気は起こすものではなくて湧くもの

基本的にやる気というのは自ら起こすものではありません。

何となく行動していくうちにヒシヒシとやる気が湧いてくるもの。例えるなら、湧き水が少しずつ溜まっていく感じでしょうか。

やる気とは急に増えるものではないので、最初のスタートさえ切ることができれば、それなりにやる気は湧いてきます。

その最初のスタートが難しいのですが、そこはやはり自分へのご褒美などを想像しては地道に進んでいきましょう。

やる気は起こすものではなくて湧いてくるもの。

ここをしっかりと理解すれば、自然にやる気がない人から卒業できますからね。

他人をやる気にさせるのは難しい

自分自身をやる気にさせるよりも、他人をやる気にさせる方が難しいです。

こればっかりは正解がないというよりも、人によってやる気スイッチが違うということ。

できる上司はここを見極めて行動しますが、やはりここまでくるにはそれ相応の経験値は必要です。

それでもタイトルにもあるように、やる気がない人をやる気にさせて動かすにはたった1つの対処法で大丈夫なのです。

結果よりも過程を褒めることを基本に行動すれば、何も難しいことを考える必要はありません。

やる気がない人をやる気にさせて動かすにはたった1つの対処法で大丈夫な話のまとめ

なんだかんだいっても基本的にやる気がない人は何を言っても動いてくれません。

だからといって諦めるのは違いますので、それならとできる限りはやる気にさせて動かしたいのが本音。

人をやる気にさせるのは根気との戦いです。

膨大なエネルギーを消費しますが、他人を気持ちよく動かせることができる能力はかなりの需要があります。

どちらにしても人望のない人間は誰も相手にしてくれません。

とにかくやる気がない人をやる気にさせるには、上から目線で口だけの人間では不可能ということです。

あわせて読みたい!

👉やればできるのにやらない子はなぜやろうとしないのかを考えてみた

やればできるのにやらない子はなぜやろうとしないのかを考えてみた
世の中にいる大半の人達はやればできるのにやらない子(人)が多いもの。 過去の私自身もやればできるのにやらない子の1人でした。...

👉面倒くさいという口癖の人にはならないで!イライラしないための心得とは?

面倒くさいという口癖の人にはならないで!イライラしないための心得とは?
気分が晴れないときやモチベーションが下がっているときほど、「面倒くさい!」という口癖の人になってしまうもの。 自分自身が...

やる気がない人をやる気にさせて動かすにはたった1つの対処法で大丈夫な話を最後まで読んで頂きありがとうございます。