【炎上商法】ツイッターで一般人が炎上や氷上しようが目立てば勝ちな話

炎上商法といえば、芸能人が何かの宣伝のためにする手法ですが、狙って炎上させることはそう簡単ではありません。

たまにツイッターでも一般人が炎上しては話題になっていますが、とにかく「炎上商法」は基本的に目立つことが目的です。

炎上して嫌われようが、叩かれようが、その炎上で目立つことができれば勝ちです。

もちろん、意図していない炎上もありますが、「炎上商法」に関してはほぼ狙いにいっています。

とりあえずは炎上しようが氷上しようが目立ったもの勝ちな世界ですが、最近では一般人の炎上がとにかく目立ちます。

スポンサーリンク

ツイッターでの炎上商法は鎮火が早い

個人的な感想ですが、良い悪い関係なしにツイッターでの炎上商法は鎮火が早いです。

燃えだしたと思ったら、しばたく経つと鎮火している様子。狙った側からすればもっと燃えてほしいものですが、なかなかそう上手くは燃えません。

そのほとんどが氷上(炎上の反対)していますが、やはり芸能人と違って、一般人の炎上商法はなかなか難しいところ。

「炎上」というのはツイッターによくあることですが、このツイッターでの炎上は長くて1日です。

その炎上が1週間以上燃え続けることはほぼありませんし、そもそも炎上はすぐに収まるものですからね。

ツイッターからのブログ炎上は目立つ

一般人、芸能人に限らず、ツイッターでのツイート炎上でさらにブログ炎上は目立ちます。

炎上商法を狙いたいのならこの流れは必須。炎上後の後始末や心のケアは自己責任ですが、それ相応の見返りは必ずあります。

精神面が弱い人は、その炎上で病んだり、ブログやツイッターを一時的に辞めたりもしますが、それで辞めるなら所詮その程度のこと。

とにかくブログで稼ぎたければ目立つしかありません。目立つことに躊躇しているブロガーやサイト運営者は永遠に小銭以下しか稼げないでしょう。

炎上商法に限らず目立つためには続けること

結局はこの「継続精神」に戻るのですが、やはり炎上商法に限らず目立つためには続けるしかありません。

「目立つ」というのはある意味では「アクセス数」のこと。

ブログやサイトにしろ、アクセス数がなければ目立てませんし、稼ぐことも難しくなります。

もちろん、稼ぐのにアクセス数は全てではありませんが、目立ったもの勝ちの世界では無視できませんね。

【炎上商法】ツイッターで一般人が炎上や氷上しようが目立てば勝ちな話のまとめ

確かに炎上商法は狙ってできるものではありませんし、長期的に継続するのは無理があります。

ギャンブル的な要素と時代の流れを読む力も必要な「炎上商法」

この炎上商法を確実に起こせる人はおそらくマーケティングの天才。だからこそ、炎上商法で叩かれたとしても、叩かれている人からすれば誉め言葉にしか聞こえません。

一般人でも意図しない炎上はたまにありますが、どうせ叩かれるのならその炎上をうまく人生に活かしたいものですね。

ブログやツイッターを継続すれば、一般人でも炎上は起こり得ることを認識しましょう!

あわせて読みたい!

👉炎上狙いでアクセスを集めるのはいいけれど喧嘩を売る相手は選ばなければならない?

炎上狙いでアクセスを集めるのはいいけれど喧嘩を売る相手は選ばなければならない?
炎上とは読んで字のごとく燃え盛って火事になるということではなくて、誹謗中傷や不祥事な言動などで注目をたくさん浴びることです。 ...

【炎上商法】ツイッターで一般人が炎上や氷上しようが目立てば勝ちな話を最後まで読んで頂きありがとうございます。