勇気を出す方法は挑戦することを簡単に紙などに書いて3回読めばいい話

人生の中で勇気を出すことはたくさんありますし、勇気を出さなければならない時も必ずやってきます。

そんなときに勇気を出す方法は、勇気を出して挑戦することを簡単に紙などに書いて、3回読めばいいというもの。

文章では簡単に書けますが、なかなか実行には移せないのが人間です。

けれども、勇気を出さなければ先には進めません。進めないどころか、現状維持、もしくは衰退していくのがオチでしょう。

そうならないためにも、私が実践している勇気を出す方法を参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

勇気を出す方法は簡単と思い込むことが大切

「勇気」というのは目に見えないものなので、なかなか実感が湧かないのも事実。

勇気があれば何とかなる世界でもありませんが、少なくとも勇気があれば何かしらの変化は起きます。

それが良いか悪いのかはまた別ですが、行動しないことには何も変わりません。勇気を出す方法は難しいことではなくて、とても簡単なことだと思い込みましょう。

タイトルにもあるように、これから挑戦することを紙などに書けばいいのです。

例えば、長年にわたって放置していたボロボロの虫歯を完治するとします。人によっては歯医者に行くのはとても勇気がいること。

歯医者が怖くて行けない人も、このまま放置ではいけないと感じています。それでも、なかなか勇気が出ない。想像するだけで身震いがする。

そういうときこそ、紙に書いては歯医者に行くことを3回読んでみましょう。

イヤな結果を想像するよりも良い結果をできるだけ想像する

勇気を出したくても勇気が出ないのは、それを挑戦することによってイヤな結果ばかりを想像するから。

気持ちはわかりますが、イヤなことばかりを想像しても何も始まりません。

さきほどの歯医者を例にすると、歯医者に行きたくない理由としては以下のようなことがほとんど。

  • 痛いのがイヤ
  • 怖いからイヤ
  • ドリルの音がイヤ
  • 虫歯放置で引かれるのがイヤ
  • お金が無くなるのがイヤ

虫歯を放置するのは自業自得なので、イヤイヤばかりを言っても仕方のないこと。

放置すればするほど悪くなるだけなので、どこかのタイミングで勇気を出しては治療しなければなりません。

勇気を出して実行に移した結果の人生を想像する

確かに勇気を出す前はイヤなことばかりを想像してしまうもの。

けれども、それでは何も始まらないのでイヤなことを想像した後に、次は勇気を出して実行に移した結果の人生を想像してみましょう。

歯医者を例にすると、勇気を出して虫歯の治療に専念します。長年放置していたので抜歯もされるかもしれません。

10回以上も通院しなければならないかもしれませんし、治療費もそれなりに掛かります。それでも、あれほど悩んでいた虫歯が完治した後の人生は、とても清々しい朝を毎日迎えられます。

ときどき歯の痛みで憂鬱だった日もなくなります。余計な悩みがなくなったので、今後の新たな人生目標も気持ちよく考えることができます。

このように考えると、勇気を出して何かに挑戦することは人生を心の底から楽しむことにも繋がりますね。

勇気を出す方法は挑戦することを簡単に紙などに書いて3回読めばいい話のまとめ

とにかく勇気を出す方法は挑戦することを簡単に紙に書き出しては、慣れるまで口に出して読み上げることが大切。

「歯医者に行く、歯医者に行く、歯医者に行く、大丈夫、大丈夫、大丈夫」

このような感じで、挑戦することを読んでいるうちに勇気が湧いてきます。時間が経つにつれて、勇気がなくなったらまたそれらを繰り返せばいいだけのこと。

今の人生において大事なことは、今しかできないことを勇気を出して挑戦することです。時間が経ちすぎてから後悔しても、時間は戻ってくれません。

やると決めたときが絶好のタイミングであり、チャンスです。

私も勇気を出さなければならない時は、常にこのような勇気を出す方法で何とか人生を楽しみながら乗り切っています。

勇気を出すのは最初の一歩だけ!あとは想像以上に簡単に進んでいきます!

あわせて読みたい!

👉人生に絶望したらまず考えてほしいことは「退ける勇気を持て」ということ

人生に絶望したらまず考えてほしいことは「退ける勇気を持て」ということ
生きている間に絶望することは誰にでもあること。 そんな人生に絶望したら、まず考えてほしいのは「退ける勇気を持て」というこ...

勇気を出す方法は挑戦することを簡単に紙などに書いて3回読めばいい話を最後まで読んで頂きありがとうございます。