自分に自信がないときの不安を取り除くために必要な3つの言葉とは?

自信

もちろん、誰でも生きていれば自分に自信がないときはありますし、不安な気持ちでいっぱいいっぱいなときもあります。

だから、自分に自信がないときは無理に自信を持つ必要はないんです。

少し休んで、また少し頑張ればいい。辛くなったらまた横になればいい。そんな感じで人生を焦らずに、自分のペースで生きていくこと。

どうしても、不安が心から取り除くことが困難ならば、以下の「3つの言葉」を思い出して頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

自分に自信がないときの不安を取り除く言葉

①「とりあえずやってみる」

自分に自信がないというのは、何かを成功させた経験が少ないということ。

成功するためには、とにかく挑戦していくしかありません。失敗するのは確かにイヤですが、失敗しなければ、どのようにして成功するのかがわからないもの。

自信がなくて、尻込みする気持ちはわかりますが、「とりあえずやってみる」という言葉を自分に言い聞かして、とりあえずやってみましょう。

別に失敗しても構いません。失敗したら、なぜ失敗したのかを考えて、次は違う方法を試せばいいだけ。生きている限り、何度でも挑戦できます。そして、疲れたら休んで、また挑戦すればいいんです。

人生はその繰り返しで、とりあえずやってみましょう。

②「なるようになる」

何でもかんでも適当にするわけではありませんが、人生なんて「なるようになる」ことがほとんど。

今までの人生を振り返ってみて下さい。「もう無理だ!」と思っていたことでも、今の時点ではしっかりと生きていますし、なるようになっているはず。

なるようになっていなかったら、このブログ記事を読む余裕もないですからね。

もちろん、なるようにならないときもあります。そういうときは、「とりあえずやってみる」のです。

とにかく行動しなければ、自分に自信を持つことはできません。悩みは行動でしか解決しないことを肝に銘じておきましょう。

③「大丈夫、大丈夫」

私は何か心配事があったり、自分に自信がないときは心の中で「大丈夫、大丈夫」と呟いています。

「大丈夫」を2回言うのがポイント。

おまじないみたいなものですが、意外と落ち着くんですよね。

少し早口言葉みたいな感じで、「大丈夫、大丈夫、なるようになる、とりあえずやってみる」と言い聞かせば、大抵のことはすんなりいきます。

コツとしては思い込むことが大切。自分に自信がないときは、何か1つの考えに集中することです。

あれもこれも複雑に考え込むから自信がなくなり、不安になるのです。

だからこそ、自分に自信がないときは根拠がなくても、ひたすら「大丈夫、大丈夫」と言い聞かせましょう。

大丈夫です。なるようになりますから。

自分に自信がないときの不安を取り除くために必要な3つの言葉とは?のまとめ

  1. 「とりあえずやってみる」
  2. 「なるようになる」
  3. 「大丈夫、大丈夫」

自分に自信がなくて、ずっと何もしないことほどもったいないことはありません。

人生80年といわれていますが、これからの時代は人生100年もあり得ます。自信がなくて、ずっと不安なままの人生なんてつまらないもの。

少しでもこの3つの言葉で不安が取り除くのなら、それに越したことはないですよね。

「もっと自分に自信を持って生きましょう!」なんて言いません。

自信がないときは、今の時点では自信がないということだけなので、「現在」を受け入れて、少しづつ不安を取り除いていきましょう。

自分に自信がないことは恥ずかしいことではありません!

あわせて読みたい!

👉心に余裕がない時は誰にでもある!だからこそ気づいてほしい大切なこと3選

%e5%bf%83%e3%81%ab%e4%bd%99%e8%a3%95%e3%81%8c%e3%81%aa%e3%81%84%e6%99%82心に余裕がない時は誰にでもある!だからこそ気づいてほしい大切なこと3選
生きていれば、心に余裕がない時は誰にでも起こりますし、「何もかもがどうでもいい!」と感じることはあります。 だからといっ...

👉【名言】失敗は成功のもとなのに「やめておけ!」という人ほど人生がすでに終わっている話

%e5%a4%b1%e6%95%97%e3%81%af%e6%88%90%e5%8a%9f%e3%81%ae%e3%82%82%e3%81%a8【名言】失敗は成功のもとなのに「やめておけ!」という人ほど人生がすでに終わっている話
「失敗は成功のもと」という名言があるように、成功するためには失敗が必要不可欠。 それでも、他人が何か新しいことをすると、...

自分に自信がないときの不安を取り除くために必要な3つの言葉とは?を最後まで読んで頂きありがとうございます。