ブログ記事の書き方で気をつけなければならないたった3つのこと

e0171759_11222523

ブログ記事を書くのに何も躊躇するようなことは全くありませんが、ブログでお金を稼いでいきたいというのなら別です。

そのために稼げるブログ記事の書き方で気をつけなければならないことをチャチャッと書いていきますので、チャチャッと読み進めてみて下さい。

スポンサーリンク

タイトルはキーワード選定から選ぶ

確かにこれは毎回していくと面倒くさいかもしれません。

私も最初はタイトルくらい好きなように決めさせておくれ!と思っていましたし、実際好きに決めて書いていました。

ところがですよ、書いても書いても全然アクセス数は伸びませんし、検索流入もないんです。

おかしいですよね?

記事数も数百記事はあります。

けれどもアクセスもないし、アドセンスも踏まれません。飛んでるとかそういうことではないのですがとにかくブログ記事が検索されていないようです。

原因はシンプルでした。単純に検索されているキーワードが少ない&全くないということだけです。だから検索キーワードで調べてそれを元にブログタイトルを決めて、ブログを書いていけばいいだけの話でした。

文字数を1000文字以上にする

it_photo_94156

アクセスを増やすための文字数にこれといった数はありませんが、100文字~500文字程度の短文では検索からのアクセス増加は望めません。

断言はできませんが難しいでしょう!

芸能人や有名ブロガーなら短文でもアクセスはきますし、収益もあるとは思いますがそれは知名度とファンの数があるだけのことです。ブログ内容が素晴らしいから(有名ブロガーは人によりけり)アクセス数があるとは限りません。

なぜ100文字~500文字の短文がダメかといいますとすぐに読めてしまうからです。

もちろん、次に繋げられるような書き方やテクニックが施してあれば話はまた別ですが、基本的には直帰率が早いとグーグルからは人気のないブログと思われるようです。

人気のないブログと思われたら検索上位に食い込めませんし、イコールアクセス数が増えないということにもなりますね。

とにかくブログの記事数を増やす

ただ増やせばいいというわけではありませんが今までのことを踏まえてブログ記事を書いていければ必ずアクセス数は増えていきます。

もう書いて書いて書きまくるしかないのですが、ほとんどの人たちはこの書きまくることができません。

もう何なんでしょうね。

口が酸っぱくなるくらい書いていますが大抵の人は何かと理由を見つけてはブログ記事を書いていくことに疲れ果てて辞めていきますね。

せっかくやる気になって書き始めたのに収益が出る前に辞めるなんて非常にもったいないことです。ブログ記事を書き続けても稼げるかなんて分かりませんが、書かないと絶対に稼げないことは確実です。

ブログ記事をまずは100記事を目標に書いて、次は200記事、500記事、1000記事、5000記事と徐々に書くスピードと更新数を増やしていきましょう!

心配しなくても大丈夫です。書き続けていけば確実に書くスピードは上がりますし、ブログ記事をスラスラと書けるコツ?みたいなものが身に付きます。これは体験済みなので私が保証します。とにかく書きまくりましょう!

まとめ

ざっとブログ記事の書き方で気をつけなければならないことを書いていきましたが、わかりやすくいえばこんな感じで書いていけばいいということです。

この際、誤字脱字はあまり気にせずにスピード重視でドンドンと書いていくことが大切です。

小さなことを気にしたら負けですよ!

修正はある程度の記事数(300記事くらいかな?)になってからでもいいのでとにかく良質な記事を無我夢中で増やしていきましょう!

ちなみにこのブログ記事は約1500文字程度で40分で書きました。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ではまた。

こちらの記事もどうぞ!
ブログを毎日更新できない人は圧倒的なネタ不足と寝不足が原因です