ブログやサイトで使えるアフィリエイト広告や報酬の種類

shutterstock_96509746

アフィリエイト広告には様々な種類があります。

その広告の大きさや宣伝のやり方によっても収益は大きく変わっていきますのでどんな種類の広告があるのかを覚えていきましょう!

スポンサーリンク

アフィリエイト広告の種類とは?

形としては長方形や正方形などの画像広告がありますがそのような広告をバナー広告といいます。

主なサイズとしては300×250468×60などあります。グーグルアドセンスなどのバナー広告はそのブログやサイトの内容に合った広告がランダムで表示されますが、基本的にはバナー広告は単価が高いのが特徴です。

文字だけで表示される広告をテキスト広告といいます。

広告主が決めた文面を選ぶ場合と自分自身で表示される文字列を自由に変更できる場合があります。基本的にはグーグルアドセンスのテキスト広告は単価が低いのですがCTR(クリック率)は高めになるのが特徴です。

商品リンク広告はASPなどで取得して利用できる広告です。

バナー広告やテキスト広告もありますが、広告主が提供を認めている場合にしか使えません。アニメのキャラクターやモデル、芸能人の画像が使えなかったり、画像サイズが自由に変更できないということもあります。

メール広告メルマガ(メールマガジン)に使用できる広告です。その他にはフェイスブックやツイッターで使用できるソーシャル広告があります。自分自身が使っているSNSをうまく利用して宣伝していきましょう!

アフィリエイト報酬の種類とは?

アフィリエイト報酬のほとんどは現金払いですが、ポイントギフト券などで支払われる場合もあります。

ポイントで払われるものでは楽天アフィリエイトがあります。この楽天アフィリエイトは売り上げの1%が報酬として貰えます。10000円を売り上げれば100円の報酬です。

個人的にはあまり稼げないので好まない楽天アフィリエイトですが、広告をクリックされて商品を購入されなくても1ヶ月間はクッキーというものがついて、その期間に購入されたら報酬が発生されるのが魅力的ですね。

報酬の支払いをまとめるとこういう感じです。

現金払い

  • ほとんどのASP
  • アマゾンアソシエイト
  • 楽天アフィリエイト(報酬が3ヶ月以上連続で月10万以上)

ポイント・ギフト券払い

  • 楽天アフィリエイト
  • アマゾンアソシエイト

アフィリエイト報酬を得るまでの仕組み

基本的にはアフィリエイトで発生した報酬は数ヶ月後に振り込まれることがほとんどですし、ある一定の金額に達成しないと振り込まれません。

例えば、グーグルアドセンス広告の場合は報酬額が8000円に達成すれば自動的に翌月の21日に現金で振り込まれます。その他のASPも金額や振り込み日は違いますが大体10000円以内、2ヶ月以内ですね。

ASPのECサイトで商品が売れても後日にキャンセルということもあるので確定・承認となっても報酬が振り込まれるまで喜ぶのは我慢しましょう!

最近はあまりないですが、悪徳なASPは報酬が確定してもなかなか振り込まれないケースがあり、そのまま会社がなくなって逃げられることもあるので気をつけてASPは選ぶことが大切です。

有名どころのASPを選んでいればまず問題はないのでそれほど心配する必要はありません。

まとめ

初めてのアフィリエイト報酬は金額の大小に関わらず、めちゃくちゃ嬉しいものです。

私も初めての報酬額は2000円でしたが、めちゃくちゃ嬉しかったのを今でも覚えています。ネットでお金を稼げるということに半信半疑でしたので実際にお金が振り込まれた通帳を見たときにこれは現実だ!これで稼いで生きていくぞ!と決心しました。

まだまだ勉強しなければならないことはたくさんありますが、やりがいもあり、収入も青天井なので普通に働いてお金を得るという安定感?はありませんが、それ以上に人生が充実して楽しくなっているのは感じますね。

今の時代は普通に会社で働いても一生安定ではありません。

いつリストラされるかも分かりませんし、倒産するかも分かりません。一番大切なのはそういう状況になっても自分一人の個人の力で生きていける能力が必要です。

その一つがネットビジネスのアフィリエイトということですね。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ではまた。