ブログ収入で月10000円を稼ぐための文章作成とは?

blog-327074_640

月収1000万円以上を稼ぐために日々奮闘しているイノウエと申します。

ブログで収入を得ることは決して楽な作業ではありませんし、簡単には稼げません。文章を書くことが好きな人はともかく、それほどでもない方は少し苦行を伴うかもしれません。

それでもブログでお金を稼ぎたい!とかブログ収入だけで生活していきたい!と思う人は読み進めていって下さいね!

スポンサーリンク

常に5W2Hを意識して書いていく

5W2Hって何?と思った方もおられるとは思いますが、普通は5W1Hですよね。ブログで稼ぐ文章作成にはがもう一つ増えます。簡単に説明しますとこういうことです。

5W2H

  • Who(誰が)
  • What(何を)
  • When(いつ)
  • Where(どこで)
  • Why(なぜ)
  • How(どのように)
  • How much(いくら)

例文

  • Who(誰が)…私が・友人が・師匠が
  • What(何を)…無料情報を・有料テンプレートを
  • When(いつ)…去年・今日・来年
  • Where(どこで)…自宅で・セミナー会場で
  • Why(なぜ)…興味があるから・稼ぎたかったから
  • How(どのように)…自分で調べて・ネットで購入して
  • How much(いくら)…商材や商品の価格

この文体を使って文章を作成していくと、私が有料テンプレートを去年自宅で稼ぎたかったからネットで購入してテンプレートは10000円でした。

こういう感じで文章を作成する手順を意識して書いていければ長文もスラスラと書いていけるようになります。始めは面倒くさくて混乱しそうにもなりますが、慣れてしまえば大丈夫です。

ブログ記事には小見出し(hタグ)を付ける

長い文章になればなるほど読んで頂く方を意識して書いていかなければなりません。誤字脱字の確認も大切ですが読まれるために一番大切なことはその記事が見やすいかどうかということです。

そのためには小見出しを付ける必要があります。これも最初は面倒くさくて時間が掛かるかもしれませんが根気と慣れとしかいいようがありません・・・。

まずはドンドンとやっていきましょう!

基本的にはネットでの記事や長い文章はじっくり読むというものではなくて、流し読みの人がほとんどです。その記事にアクセスしても第一印象で読みにくいと思われたらすぐに離れていってしまいます。

そういうことをできるだけ避けるためにも小見出しアイキャッチ画像(記事の一番上にある画像)を挿入することが大切です。

私もいろいろとネットや本などで勉強した結果こういうブログ記事の流れがいいと思います。やり方は人それぞれですのでこれが正解とは言えませんので参考程度によろしくお願いしますね。

  1. タイトル(h1)

  2. アイキャッチ画像

  3. 問題提起

  4. 解決策の提示

  5. 解決策の根拠

  6. 小見出し①本文

  7. 小見出し②本文

  8. 小見出し③本文

  9. 小見出し④まとめ(結論)

  10. CTA(Call to Action)

CTAとはその記事に関連する商品の紹介やクリックして貰いたい広告などです。

まとめ

579097_500327519991326_1639037364_n

ブログ全体もそうですが、記事の一つ一つもしっかりと内容を絞り、5W2Hを意識して分かりやすく書いていくことが読まれるためには必要です。

あまりにも短すぎる文章もSEO的に良くないともいわれていますが、そればっかりはグーグルの人にしか分かりませんし、それもグーグル社のごく僅かな人にしか知らないとも言われています。

それよりもいかにその記事が読者のためになり、有益な情報を発信しているかの方が大事です。

文章の短い、長いに関わらず、読みやすくて分かりやすい文章のブログはSEOなど気にしなくても続けていれば自然に検索上位に上がっていきますのであまり気にしないで書きましょう!

私も必ず実践していることですが面倒くさくても書いた記事は最低2回は読んで推敲することです。いろいろな人のブログを読んでよく感じることは誤字脱字が多いことです。もちろん小説の公募や学校のテストではないのでそれほど気にしなくてもいいのかもしれません。

けれども文章からも書いている人の性格や人柄も少なからず出てきますので、あまりにも誤字脱字の多い人は雑な感じがします。それに人によっては信頼できないイメージも湧いてしまいますので気をつけて書いていきたいものです。

やっぱり誠実そうな人のブログやサイトから商品やサービスを買いたいと思うのが人間ですからね。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ではまた。