ブログを1000記事くらい書いたら人生が変わるのか?

it_photo_94156

ブログをたくさんの人に読んで貰うためには膨大なアクセス数が必要です。

そのアクセス数をあげるためには日々記事を書いては更新して、購読者に有益な情報を与え続けなければなりません。

その有益な情報を与え続けるためには書き手も膨大な情報をインプットしていかなければなりませんが、果たしてどれくらい書き続ければいいのでしょうか?

スポンサーリンク

1000記事という目安

ブログのアクセス数が何十万、何百万単位のブロガーたちが言うにはブログ記事は1000記事書いてからが始まりと言っています。

私も最近になってそう感じるようになってきました。

芥川賞を取った芸人の又吉さんも「書きたい小説を書ききってからが勝負」というようなことをいっています。何事もそうだとは思いますが、中途半端に取り組んでいても中途半端な結果しか起こりません。

やるからにはとことん限界まで突き詰めてやっていきたいものです。その目安の目標がブログならば1000記事ということです。

とりあえず書いてみる

頭の中でグダグダ考えていてもハッキリ言って何も変わりませんし、記事も増えていきません。やり方は人それぞれですがとにかくブログでお金を稼ぐためにはアクセス数が大切なので書き続けるしかないですね。

1000記事もブログを書けばタイトルとか内容が似たり寄ったりもしてきますがそんなことは1000記事書いてから考えましょう!

重複したらグーグルからペナルティがきて検索ページから飛ばされるとか言われていますが、そもそも1000記事を書き続けていけば書いた人にしか分からないもっと大切なスキルが身につくのでウダウダ考えないで書いていくことです。

飛ばされたら飛ばされたでまたそのときに対策を考えればいいだけの話です。まだ起こってもいないことで悩み立ち止まることほど意味のないことはありませんからね。

1000記事達成してその次は?

1000記事を達成したらかなりの文章構成や書くスピードは普通の人と比べてかなりの差があることだと思います。

それだけでも充分に1000記事を書いたメリットはありますが、アクセス数も絶対に0ではないでしょう。0だとしたらかなりグーグルから嫌われています。

1000記事書いたら次は3000記事を目指しましょう!

現状維持と燃え尽きてブログを書くのを辞めるなんてことにならないように常に目標を作ってドンドンとさらなる上を目指していくことが大切ですね。

ちまたで言われている通り、キーワード選定もタイトルも適当で1000記事書いても思っている以上のアクセス数はないかもしれません。

それでもいいので書くのです。無駄と言われようが、意味がないと言われようが書いて書いて書きまくりましょう!

まとめ

同じようなニュアンスで記事を書いてもいいと思います。

まさしく今書いているようなこの記事のように・・・。

結局ブログ記事が有益か有益ではないのかは読んでいる人が決めるので、この記事を読んで頂いた人が一人でもいいので「ブログ書いてみようかな?」と思って頂けたら幸いです。

ブログを1000記事くらい書いて人生が変わるか変わらないかは書いてみないと分かりませんが、少なくとも1000記事書く前よりも人生は充実すると思います。

とりあえず書いてみなければ分からない!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ではまた。