ブログを書く理由がわからない!そんな時は「何のために?」を考える

ブログ書く理由

ブログを書く理由がわからない!と感じたそんな時は「何のために?」を考えると答えは出てきますよ。

ブログを書く理由なんて本当に人それぞれ。

日々の記録がてらに書く人もいれば、ストレス解消のために書く人もいる。

ブログを通じて何かを発信していきたい!という人もいれば、ブログを書いてお金を稼ぎたい!という人も。

スポンサーリンク

悩んだときは「何のために?」書くかを考える

ブログを書くことは簡単です。

ブログを継続することがめちゃくちゃ難しい。

これは経験した人にしか分かりませんが、ブログを3ヵ月毎日更新すると決めても、100人いたら8割以上の人が離脱します。

これは仕方のないことですが、ブログを一体何のために書くか?にもよります。お金を稼ぐためのビジネスブログという理由だけではなかなか続きません。

毎日更新したら100%稼げるという理由でも無理

例えば、「1日も休まずにブログを3年間更新することができたら100%稼げますよ!」と言われても達成する人は100人中、0~3人くらいでしょう。

それくらいブログを継続することは難しいのです。

理由は様々ですが、1番多い理由はブログを書くのが辛くなったということ。その次はブログを書かなくても他に稼ぐ方法を見つけたということです。

後者はまだいいですが、それでもブログを毎日更新することは至難の業なんですよね…。

ブログにこだわらなくてもいいけれど…

お金を稼ぎたいという理由の人は別にブログにこだわる必要はありません。

お金を稼ぐ方法なんてたくさんありますからね。

文章を書くのが好きだったり、あまり家から出ずにお金を稼ぎたい人はネットビジネスがやはり適しています。

記事を外注化するのもいいですけど、やはり稼げる記事(文章)なのかどうかは自分で書く経験が多少ないと厳しいですからね。

それに文章を書いて人の役に立てるという、こんな手っ取り早いビジネスはそうそうありません。

稼げても毎日更新する人はカッコイイ

他に稼ぐ方法を見つけても、ブログを何年間も毎日継続して更新している人は普通にカッコイイ。

私も生活に困らないほど稼げてもブログは毎日更新します。理由はブログを書くことによって成長していくからなんです。

成長する方法は他にもありますが、私はブログを書いて成長するのが向いています。それに何よりもログを書くこと(文章を書くこと)が好きなんです。

結局好きでなければ続かないということ。他人からどれだけ止められても、ゲームが好きな人はゲームをしますからね。逆もまたしかりです。

ブログを継続したいなら好きになる方法を考える

文章を書くことが苦手でも、たまにブログを書くことが億劫になって辛くなる人もブログを継続したいという気持ちはあるでしょう。

事情は人それぞれあるにしろ、ブログで人生を豊かにしたい!という目標があるのなら今現在が苦しくても書くべき。

その苦しみがずっと続くわけではないけれど、その苦しみを自分の力で乗り越えなければ人生は豊かになりません。

これはブログ更新に限らずですが、何かを得るためには何かを犠牲にする必要もあるというのを忘れないで下さいね。

ブログ書く理由2

ブログを書いてお金を稼ぐことは本当にいばらの道です。

一時的に稼ぐことは知識があれば誰でも可能なんです。今の時代なんかはとくに。

インターネットで「ブログ収入」とか「ブログで稼ぐ方法」と検索すれば情報はたくさんありますからね。

その情報が正しいかどうかは別として、過去に比べて稼ぐノウハウ自体は腐るほどあるんです。

あとはそれをやり続けられる精神力と忍耐力で決まります。さすがに忍耐力や精神力は教えられてもなかなか身につきません。

自分自身で考えて行動していくしかないですからね。

ブログを書いているときに「今何文字目くらいかな…」とか「こんな記事でいいのかな?」と感じている間は稼げません。

だからこそ、そういう感情が持てないくらいにブログ書き続けていくしかないんです。

ブログを書く理由を見失って、それでもブログを書いてお金を稼いでいきたいのなら、余計なことは考えずにブログを書くのが楽しくなるまで書き続けることです。

何のために書くかはその時しだいで変えてもOK!決めるのは自分自身ですから!

👉ブログ書くならどこがいい?初心者にお勧めする無料ブログ3選【2016年度版】

blog12ブログ書くならどこがいい?初心者にお勧めする無料ブログ3選【2016年度版】
目的がブログを書いて稼ぎたい人やそうではない人も、まずは無料ブログから始めることが多いものです。 たくさんありすぎて一体ブロ...

ブログを書く理由がわからない!そんな時は「何のために?」を考えるを最後まで読んで頂きありがとうございます。