ブログの長所と短所とは?20年間文章を書き続けて感じた3つのこと

長所と短所

20年間文章を書き続けてきて、ブログの長所と短所が何となく分かってきました。

ちなみに私は小説家志望です。

小学生の時に書いたある作文がコンクールに入賞したことから、文章を書くのが好きになりました。

それ以来、形は違えど今まで文章を書き続けています。(年齢は不詳で!)

そんな私が本格的にブログを書き始めたのは2013年ですが、それに並行して他の人のブログもたくさん読みました。

もちろん、今現在でもたくさん他の人のブログや本を読んでいます。

それでは数年間にわたり、私が感じたブログの長所と短所を書き綴っていきますね。

スポンサーリンク

私が感じたブログの長所と短所

ブログというのは基本的には何を書いてもいいんです。

別に人の目を気にしたり、「感動することを書こう!」とか「何か難しいことを書いて頭よさそうに思われよう」とかは要りません。

頭が悪い人に限ってそういう浅はかな考えに陥りますが、自分の知識と実力に応じて書けばいいんです。

個性は最大の武器ですから!

⑴書き続けても文章は上手くならない:短所

ブログというのは当たり前ですが、文章を書かなければなりません。

ブログと小説の違うところは正しい文章の使い方です。

小説は正しい文章を使わなければなりませんが、ブログは自由です。ブログに求められるのは役立つ知識と読みやすさですからね。

ブログは自由に文章を書いていいので、国語の先生が見たら終始、眉を細めながら読んでしまうかもしれません。

それがブログというものです。

けれども、文章を書くのが下手な人はブログを毎日書き続けても文章は上手くなりません。これは色々な人のブログを読んで私が最近気づいたことです。

これが1つめのブログの短所ですね…

⑵いつでも人生に張り合いが持てる:長所

ブログを毎日書き続けていると、人生の中で「暇だな~」とか「寂しい」というのがなくなります。

基本的に暇な人や、寂しいと感じている人は何かに没頭できるものがないからなんですよね。

だから、人生に張り合いを持たせたかったらブログを書くのもアリですよ。

ブログを書き始めると最初の頃はブログネタに困ることがそんなにありません。しかし、1年、2年と時間が進んでいくにつれてブログネタに困るようになっていきます。

中には数日や数ヵ月でブログネタに困る人もいますが、そういう人はまずブログネタを作ることから始めましょう。

ブログネタを作ろうとした時点でもう人生に張り合いが出てきますね!

⑶自分自身の能力のなさに気がつく:長所・短所

これまで生きてきた中で、自分自身の能力がどれほどなのかを感じた人は少ないことでしょう。

大半の人は良い意味でも悪い意味でも自分の本当の実力を把握していません。

自分の強みや能力にいち早く気づいた人は幸せ者ですし、人生において成功者になる確率は格段に上がります。

そういう意味ではブログは自分の真の能力に気がつくことができるんですよね。

ブログを1年間毎日書き続けられた人は忍耐力や継続力があることに気がつきますし、更新できずに離脱した人は根気のない人間と感じてしまいます。

ブログですべての実力はわかりませんが、ブログを通じて自分がどれくらいのレベルの人間かというのは内容もしかり、継続日数で気がつくことができますね。

ブログの長所と短所とは?20年間文章を書き続けて感じた3つのことのまとめ

長所

私は文章を書くのが好きなので20年間書いてきましたが、別にブログに限らず好きなことは長く継続するべきです。

好きだからこそ気がつけば20年間もやっていた!ということにもなりますね。

私は今現在、ブログを書いてお金を稼ぐことができていますが、ここまで至るのに時間はやはり掛かりました。

稼いでからも日々勉強ですし、何ごとも墓場に行くまで勉強です。これは人生においての鉄則ですね。

ブログをこれから始めようとかブログを書いているけどイマイチ楽しくないと感じている人は、とりあえず1年間だけ書き続けてみて下さい。

そして、「なぜブログを書いているのか?」というのを定期的に自分に質問していきましょう。

とにかくブログは長所も短所もありますが、人の目を気にせずにドンドンと自分の文章で好きなことを書いていくのがベストです。

長所も短所もあるけれどブログを書くのにルールはない!

👉初めてのブログの書き方でとくに多い?ネタ切れになるとやりがちな作成法

初めてのブログの書き方初めてのブログの書き方でとくに多い?ネタ切れになるとやりがちな作成法
初めてのブログの書き方でとくに多いのですが、ネタ切れになるとやりがちな作成法があるんです。 初心者ブロガーが毎日更新とな...

ブログの長所と短所とは?20年間文章を書き続けて感じた3つのことを最後まで読んで頂きありがとうございます。