ブログ開設して初心者が収入を得るまでの3つの注意点

ブログ開設

ブログを開設して初心者の人がブログ収入を得るまでには、それ相応の覚悟といばらの道が待っています。

しかし、今から私が書いていく3つの注意点をしっかりと守っていければ、ブログで収入を得ることができますので信じれる人は1度試してみて下さいね。

スポンサーリンク

ブログを開設して初心者が収入を得るまでの注意点

blog開設

ブログを開設することは、初心者でも関係なく誰でも開設できます。

インターネットの中には様々な無料ブログサービスがありますので、基本的には好きな無料ブログサービスを選んで頂いても構いません。

しかし、ブログで収入を得たいと思うのならば、やはり普通にブログを開設し、普通にブログを毎日更新して書いていくだけでは、なかなか収入は得られないのが現実。

ブログ収入を得るための注意点がいくつかあるので、まずは収入が入る仕組みを理解し、その仕組みを開設することが大切です。

ブログ収入が入ってくるイメージが大切です!

ブログ収入の仕組みとは?

ブログで収入を得るためには、収入が入る仕組みを開設しなければなりません。

初心者がブログ収入を得るためには、やはりグーグルアドセンスが1番効率が良くて簡単ですね。

初心者の人はこのグーグルアドセンス開設で立ち止まってしまいますが、気持ちはわからないでもないです。

私も初心者の頃はこのグーグルアドセンスという言葉自体知りませんでしたし、仕組みも開設方法も理解していませんでした。

それでもブログを開設して、ブログで収入を得たければグーグルアドセンスの規約の注意点も学びながらブログ記事を書いていかなければならないのです。

このグーグルアドセンスでブログ収入を得る方法は、別記事にて書いていますのでこちらを参考にしてみて下さいね。

👉Google AdSense(グーグルアドセンス)でどのようにしてお金を稼ぐのか?

b26d6b6a13880f74746b57bbcf9e78c1_sグーグルアドセンスとは?一体どのようにしてお金を稼ぐのか?
Google AdSense(グーグルアドセンス)とは? Google(グーグル)という言葉はインターネットをしている人ならば知っていると思います。 ...

①3ヶ月間キーワード選定の勉強をする

goodkeyword

ブログ収入を得るためには「とにかくブログ記事を3ヶ月間継続して書いていこう!」というブログが多いですが、そんなことは当たり前のこと。

ブログに限らず、人と同じようなことをしていても成功できる確率はかなり低いので、できる限り人と同じようなことをするのを避けるのが無難です。

しかし、初心者の間は基礎の基礎ができていないので、やはり成功している人の真似をする方が効率がいいですし、素直に話は聞くべきですね。

何でもかんでも自分1人で稼げるほど、ネットビジネスの世界は甘くありません。

話が少しそれてしまいましたが、今の時代はもう過去と比べて、ただブログを毎日更新するだけでは稼げない時代に突入しました。

もちろんブログを毎日更新することは今も昔も大切なこと。収入を得るためには必要不可欠なことです。

しかし、ただ意味もなくダラダラと書いているだけでは、ブログ収入は得られないということですね。

検索されているキーワードでブログを書く

初心者の人がよくやりがちなのは、インターネットで全然検索されていないキーワードでブログ記事をひたすら書いていることです。

毎日更新してブログ記事を増やしていけばブログにアクセスが集まって、グーグルアドセンスもクリックされると思い込んでいます。

残念ですが、いくらブログ記事を毎日3記事も5記事も更新したところで、全く需要のないキーワードでブログを書いても一生ブログにアクセスは集まりません。

永遠にブログ収入は得られないでしょう。

「ブログを継続するためにはとにかく好きなことをドンドンと書いていこう!」というのはあながち間違いではありません。

ある程度ブログ記事を書くことに慣れてきたら、今度はキーワード選定の勉強をし、需要のあるキーワードでブログ記事を書いていきましょう。

👉ブログ検索ワードランキングとは?キーワード選定はYahoo!検索データがいいの?

Yahoo!検索データブログ検索ワードランキングとは?キーワード選定はYahoo!検索データがいいの?
ブログにアクセスを集めて収益を上げるためには普通のやり方や書き方ではなかなかうまくはいきません。 アクセスを大量に集めら...
キーワード選定を極めればアクセスは劇的に増えますよ!

②ライバルチェックは必ずする

torend

ライバルチェックと言っても、そんなに肩ひじ張らずに検索上位に食い込ませたいメインキーワードで書くだけ。ブログタイトルを検索し、似たようなブログがないかどうかを見分けるだけでいいんです。

相手がYahooニュース、大手公式サイトや運営歴が長くて記事数も多いブログサイトならば避けるようにして、できる限りライバルがいないところを狙うようにします。

相手が無料ブログなら勝てます

具体的にいえばこちら側が、Wordpress(ワードプレス)のような独自ドメインで開設したブログで、ライバル側が無料ブログならばほぼ勝てます。

相手側が無料ブログで書いていたならドンドンと攻めていきましょう。

無料ブログ自体のサービスというのは最初だけ強いのですが、こちら側のブログサイトがドンドンと育てば育つほど強くなっていくので最終的には無料ブログはライバルにもなりません。

無料ブログは記事を書く練習に使おう!

③まずブログ収入で月3万円達成するまで浮気しない

月収100万円以上

人は継続していてもなかなか結果の出ない日が続くと、途端にやる気を失ってモチベーションが下がっていきます。

モチベーションが下がってしまうと、ブログを継続して書いていくことも辛くなってくるので、結果的にブログで収入を得るまでに諦めてしまうんですよね。

「途中であの方法の方が稼げるかも?」というような情報も中には入り込んできますが、基本的には今していることが成功していないのなら他のことをしても成功できません。

俗にいうノウハウコレクターといいますが、あれもこれも手を出して結局全てが中途半端になる人はネットビジネス初心者には本当に多く存在します。

まずは月3万円を何が何でも達成すること

とにかく浮気をせずに、今目の前にあることを集中してやっていくべきです。

ブログで収入を得るのは本当に簡単なことではないですし、ちまたで1日30分で月30万円の収入!とかヨダレが垂れるような美味しい情報がたくさんありますが無視して下さいね。

ある程度ブログで収入を得るようになってくると、そういう胡散臭情報がいかに嘘で初心者を食いものにしているかがよく分かりますよ。

ブログ収入で1000円稼げたらあとは仕組みを増やすだけ!

ブログ開設して初心者が収入を得るまでの3つの注意点のまとめ

burogu

  1. 3ヶ月間キーワードの勉強をする
  2. ライバルチェックは必ずする
  3. まずブログ収入で月3万円達成するまで浮気しない

この3つの注意点をしっかりと理解し、ブログを毎日更新して書いていければ誰でもブログで収入を得ることは可能です。

こういう情報はネットの中にたくさん埋もれている情報ですし、諦めずに実行していけば誰でも稼げる方法なのにほとんどの人はブログで収入を得ることができません。

あるきっかけでブログが当たればその壁は乗り越えられるのですが、その壁というものがなかなか越えられないのが現実なんですよね…。

私の経験上はブログで収入を得ることは、ある意味ではギャンブルと似ています。

パチンコやスロットをしたことがある人なら理解できると思いますが、いくらスロットで勝ってお金を得たくてもスロットの設定が悪ければ絶対に勝つことはできません。

一時的に運よく勝てることができても、必ずトータルではマイナスになるのがスロットやパチンコです。それでも設定が良い台で打っていければ当たりも多くなり、勝ちやすくなるものです。

これをブログ記事に置き換えると、当たりやすいブログ記事(キーワード)でたくさん書いていけば勝てる確率が増える=ブログ収入が増えるということなんですよね。

ブログで稼げない人は設定の悪い台でひたすら打っているのと同じことです。

ここに気がついた人は必ずブログで稼げます!

こちらの記事もどうぞ!

👉ヘテムルレンタルサーバーの評価は安いしおすすめ!WordPressは慣れることから始めよう

figure_01ヘテムルレンタルサーバーの評価は安いしおすすめ!WordPressは慣れることから始めよう
ヘテムルのレンタルサーバーの評価は安いしおすすめです。 レンタルサーバーを借りて、独自ドメインを取得しなければWordPressは...

👉ブログ書くならどこがいい?初心者にお勧めする無料ブログ3選【2016年度版】

blog12ブログ書くならどこがいい?初心者にお勧めする無料ブログ3選【2016年度版】
目的がブログを書いて稼ぎたい人やそうではない人も、まずは無料ブログから始めることが多いものです。 たくさんありすぎて一体ブロ...

👉ブログ収入で一般人が月5000円以上を定期的に稼ぐ考え方

5000ブログ収入で一般人が月5000円以上を定期的に稼ぐ考え方
一般人ではない人気芸能人が書いているブログ収入は、月間500万円以上とも言われています。 一般人の身ではとてもじゃありません...

ブログ開設して初心者が収入を得るまでの3つの注意点を最後まで読んで頂きありがとうございます。