当たり前のことができないのは病気ではないけど感謝する当たり前が幸せに繋がる

当たり前のことができない

当たり前のことができないのは病気ではないけれど、「感謝する」という当たり前が幸せに繋がるのは事実。

人それぞれ当たり前という感覚は違いますし、当たり前のことができない原因のほとんどは、正しいやり方を知らないだけです。

もしも、その原因が病気だったとしても当たり前のように治していけばいいだけの話なんです。

スポンサーリンク

当たり前のことができないのは病気ではないから心配しない

他人と比べてみて、自分の人生が少し当たり前から外れていても過度に心配する必要はありません。

少しぐらい他人と違う人生を歩んでいるからといって、自分自身が何かの病気?とか感覚がズレている?とか思わなくても大丈夫です。

年齢を重ねれば重ねるほど、自分の人生を無難に過ごそうとする人が大半ですが、果たしてそんな人生を過ごして一体何が楽しいのでしょうか。

人と同じような当たり前に生きる愚かさと虚しさ

人間って臆病な生き物ですから、自分の中で間違っているかも?と感じていることでも多数決派を信じてそれに従います。

人と同じような当たり前のことをするだけで安心するので、いつまで経っても「その他大勢」から抜け出せません。

何か問題が起きたり、イライラすることがあっても周りの目を気にしてはオリジナルの発言をできるだけ控えようとします。

人と同じような当たり前のことをして生きるのは楽かもしれませんが、長い目で見ると愚かさと虚しさしかに残りません。

世の中の当たり前のことを少し疑う

ほとんどの人達は世の中の当たり前と思われていることに少しも疑問を持ちません。

そのくせ、正しいことでも少数派なら疑ってしまうんです。

それが人間らしいといえばそれまでですが、これからの時代の当たり前は常に変化しているのが当たり前ですよ。

自分の頭と心で考えて行動していくことが、どれほど大切なことかを知るべきですね。

感謝する当たり前が幸せに繋がる当たり前のこと

人に助けられたり、何か有益なことを教えられたら「ありがとう」と感謝するのは当たり前のことです。

恥ずかしかったり、いちいち「ありがとう」なんて感謝してられないと思っている人は幸せには繋がりません。

感謝することは「感謝しよう」と思ってすることではないんです。自然に感謝したくなるのが当たり前なんですよね。

当たり前の感謝ができない人の特徴

感謝ができない人の特徴の1つに、当たり前の感謝ができない人は今の人生に余裕がない人が多いです。

逆に考えれば、常に感謝できる人は心にも人生にも余裕があるということ。当たり前のことができないのが当たり前になってくると人はドンドンと堕落していきますからね。

「ありがとう」と感謝しても得することはあっても損することはありません。

心の中で感謝していても、それを口にして相手に伝えなければ思っていないことと一緒ですからね。

当たり前のことができないのは病気ではないけど感謝する当たり前が幸せに繋がるのまとめ

当たり前のことができない 病気

当たり前のことができないのは病気ではありません。

仮に病気だとしても完治したからといって当たり前のことが常にできるとも限りませんからね。

人間って感情の生き物なので、やる気がないときもあれば、やる気に満ち溢れているときもあるのが当たり前なんです。

常に頑張ることが全てではありませんが、かといってそれに甘えるのも少し違います。難しいですね…。

大切なことは常に自分で考えて試行錯誤していくこと。これに尽きます。

自分の人生は自分で切り開くしかありません。そのためには当たり前のことを疑って、試していくしかないんです。

当たり前のことを当たり前のようにしていくことほど難しいことはないですし、それが人生を豊かにする原点といっても過言ではないですね。

とにかく感謝の心を忘れずに、目の前にある当たり前のことをコツコツしていくことです。

当たり前のことを当たり前のようにしていくって簡単そうで難しい!

👉上手なお金の使い方が分からない20代~30代が幸せな人生を謳歌するには?

上手なお金の使い方上手なお金の使い方が分からない20代~30代が幸せな人生を謳歌するには?
上手なお金の使い方が分からない20代~30代の人が幸せな人生を謳歌するには、まずお金そのものの考え方を変えなくてはなりません。 ...

当たり前のことができないのは病気ではないけど感謝する当たり前が幸せに繋がるを最後まで読んで頂きありがとうございます。