パソコン高級キーボードは青軸がおすすめ!操作が異なる黒軸・茶軸・赤軸とは?

blue-led_01

パソコンの高級キーボードってたくさん種類があってどれがいいのか分からない!と思う人も多いかと思います。

私もその一人でしたが、価格が高い分、やっぱりしっかりした良いものを選びたいものですよね。

こんな感じでどれにしようかな?と悩んでいるときが一番買い物が楽しい時ですが人生は有限ですので悩んでばかりもいられません。

そんなこんなで色々と調べているうちにパソコンのキーボードについて少し詳しくなりました。

私なりにおススメの高級キーボードについて語りたいと思いますので少しばかりの時間をお付き合いくださいませ。

スポンサーリンク

メカニカルキーボードとゲーミングキーボード

高級キーボードには何やら操作のしやすさ、文章を打ちやすいように作られたキーボードとゲームをしやすいように作られたキーボードがあるみたいですね。

あまり詳しいことはよく分かりませんが基本的にはどちらでも普通に使う分には困らないようです。

メカニカルキーボードもゲーミングキーボードも同じようなものですが、ボタンの軸の色が変わると使い勝手がガラッと変わります。

こちらの参考記事をどうぞ!

👉FILCOのMajestouch(マジェスタッチ)高級キーボードでブログを作成すると作業が捗りすぎる

61hLZWQpGyL__SL1200_FILCOのMajestouch(マジェスタッチ)高級キーボードでブログを作成すると作業が捗りすぎる
FILCOのMajestouch(マジェスタッチ)BLACKをついに購入しました。 本当にパソコン作業が捗りますし、自然にブログや...

少しややこしいですがボタンの色のことではなくて、ボタンの下にある色のことです。

つまりこういうことです。

ducky-pbt-5

カバーを取った部分の色で打ちやすさや感覚が変わっていきます。

青軸は打鍵音(だけんおん)がカチャカチャと鳴る

私はお店の高級キーボードをひたすらカチャカチャと鳴らしては色々と吟味していました。

そのときに青軸が一番打っていて心地よいな~と感じました。やっぱりネットでも青軸は軽くてカチャカチャというスイッチ感覚がたまらない!というレビューが多かったですね。

確かにこういう音が好きな人は打っていて心地よいとは思いますが、周りの人間はとてもうるさく感じるかもしれませんね。

仕事場ならもちろんのこと、家庭でも誰かと一緒に住んでいるのなら少し気を使わなければなりません。

一人暮らしなら思う存分打ち込んで、その爽快な打鍵音に酔いしれていきましょう!

他の色の軸の特徴は?

他にも黒軸・茶軸・赤軸とありますが、一番静かな打鍵音は赤軸です。

赤軸は主に一般向けですね。その赤軸と同じくらい静音で押したときに一番重く感じるのが黒軸です。反発力があり、タイピング速度は上がりますがやはり重たいので疲れやすいです。

茶軸は押す感覚も青軸ほどではないですが反発力もなく軽くて長時間作業にも耐えられます。気持ち程度のカチャカチャ感は何となく感じますね。

初めて高級キーボードを買うなら茶軸が一番無難かもしれません。

パソコン高級キーボードは青軸がおすすめ!操作が異なる黒軸・茶軸・赤軸とは?のまとめ

pure60-led_g2

そうは言っても私はやっぱり青軸がいいですね!

しかもキーボードが光るやつ!

高級キーボードに慣れてきたらまた他の軸を打ちたいと思うかもしれませんが、現時点では青軸のあのカチャカチャ感がしばらくは止められないです。

キーボードなんて何でもいいだろ!

パソコンのキーボードに何万円も払う価値がある?

そんな声も聞こえてきそうですが私も高級キーボードの存在を初めて知ったときは見向きもしませんでしたし、キーボードなんて打てればいいと軽く思っていました。

しかし、実際にこういう風に文章を打つ作業が続くとやっぱり疲れますし、高級キーボードはモチベーションも愛着も自然と湧いていきますので作業が捗ります。おかげさまで腱鞘炎も治りました。

普通に考えるとパソコンのキーボードに何万円も払うということはかなり躊躇しますが、ブログアフィリエイトやサイトを作成していくためには必要不可欠なアイテムです。

そういうものにお金をかけるのも悪くないと思う今日この頃です!

こちらの記事もどうぞ!

👉高級キーボード購入は自己投資&アフィリエイト作業効率がアップする

IMGP0908高級キーボード購入は自己投資&アフィリエイト作業効率がアップする!
ブログアフィリエイト作業を効率化して作業スピードを上げることはとても大切です。 その方法の一つとしてパソコン周りを高級だ...

パソコン高級キーボードは青軸がおすすめ!操作が異なる黒軸・茶軸・赤軸とは?を最後まで読んで頂きありがとうございます。