ブログを100記事程度でアクセス数や収益を気にする前にとりあえず500記事程度書いてから考える

210161739_624_v1409832283

ブログを書いていく限りはやはり一人でも多くの人に読んで貰いたいものです。

中には読まれたくないという人もいるかもしれませんが、そういう人はネットビジネスでお金を稼ぎたいと思っていないのでとりあえず置いときます。

100記事くらいのブログ記事を書けば何となくアクセスが集まって、収益が増えていくと思っている人もいるかもしれませんが、100記事程度では全然アクセスは集まりませんし、収益も増えません。

スポンサーリンク

何記事くらい書けばいいの?

そもそもそういう発想がダメです。

何記事書いたらアクセスが集まり、収益が上がるかなんて書いてみないと分かりません。もしかしたら10記事程度でもアクセスは集まるかもしれませんし、1000記事書いてもアクセスが集まらないかもしれません。

確かに具体的な数字があることはそれに向かってのモチベーションにもなりますし、目標設定にもなります。

私もブログ記事を書いていくうちに何記事書けばドカーン!とアクセスが舞い込んでいくるのかな?と思っています。実際まだまだドカーン!というアクセスは集まっていませんが書き続けていくうちにあることに気がつきます。

100記事程度ではまだまだ甘い

無題

初心者にとってはブログ記事を100記事書くなんてスゴイことだし、書けるかどうかも分からないかもしれません。

100記事と言っても1記事の目安が約1000文字~3000文字くらいの内容で尚且つ独自の視点からの内容(コピペではない)のものです。100記事程度でアクセス数や収益で悩んでいる暇があればドンドンと記事を書いていくことです。

キーワード選定やジャンルが特化している内容ならば100記事でもいいかもしれませんが、それでもいずれ廃ってくることでしょう!

ブログアフィリエイトだけとは限りませんが他の人よりも差をつけていかなければ長く生き残ることは難しい世界です。そのためにはやはり自分が思っている以上の作業量が必要不可欠になってきます。

そういう意味でも最低でも500記事以上(1000文字~3000文字)のブログ記事を書いていくしかありませんね。この数字が無理だと思うのならブログアフィリエイトで稼ぐことは諦めた方がいいと思います。

むしろ私は500記事以上書けばブログで稼げる可能性があるのか!とワクワクしています。

結局書くか書かないかだけの話

500記事を書いても絶対に稼げるとは限らないしな…と思う人は書かなくていいです。

ただ実際にブログで稼いでいる人は500記事くらいでアクセスがドカーン!と増えたと言っている人が多いのも事実です。それが嘘か本当かは実際に体験してみなければ分かりませんがやってみる価値は充分にあります。

もし500記事を書いてもアクセスが集まらなければ1000記事書けばいいだけの話です。それでもなければもっと記事を書いていけばいいのです。書いていくうちに必ず何かに気づきます。試行錯誤して記事を書いていく限り成長は止まりませんからね。

まとめ

wooden-bridge-and-green-meadow-in-front-of-a-forest-under-a-blue-sky_1920x1200

最終的にはお金を稼ぐことが目標ですが、すぐに稼げても多分あまり面白くありませんし、成長できないと思います。こういうネットビジネス業界は変化が早いので今現時点で稼げたとしても数年後にどうなっているのか分かりません。

書き続けていけば色々な情報も欲しくなってきますし、そういう情報に敏感になっていきます。そういう情報を知っていかないとブログ記事を500記事以上書いていけませんからね。

すぐに成功という名の結果が出てしまったら人間という生き物は否が応でも調子に乗ってしまいます。

そうならないためにも苦行期間はやっぱり大切ですね。

本気でブログアフィリエイトで稼いでいきたいと思う方は今から本気でとりあえずブログ記事を500記事程度(1000文字~3000文字)を書いていきましょう!

アクセス数や収益で悩むのはそれからでも遅くはありません

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ではまた。